2006年09月23日

子牛のロースト、ツナマヨネーズ添え(vittela tonnata)

マヨネーズとは、縁遠いイタリア料理。。。
ただ、市販のマヨネーズをそのまま使って入れることは
ないけれでも、オリジナルマヨネーズを作って
ソースにするのは、少なからずともあるんですよね☆
そんなマヨネーズを使ったイタリア料理は、
簡単だけど、ちょっとリッチな感じに仕上がって
とってもお得で、いいですよね♪

★子牛のロースト、ツナマヨネーズ添え(vittela tonnata)
♪材料(4人前)
子牛(背肉)(600g)
マヨネーズ
ツナ缶(小1)
ケーパー(大さじ1)
プロセッコ(30cc)
塩、胡椒
レモン汁
オリーブオイル(子牛、マヨ)
白ワイン

♪作り方
@マヨネーズ(卵黄とオリーブオイルで仕上げたもの)に、
 ツナ、ケーパー(みじん切りにしたもの)、プロセッコ、
 オリーブオイル、レモン汁、オリーブオイルを良く混ぜる。
 
A子牛をオーブン(260度)で、45分ほど焼く。
 途中、白ワインを加えながら、丁寧に焼きます。

B子牛が焼きあがったら、薄くスライスします。

Cお皿に、子牛を盛り、ソースはお好みで、お肉の上に
 かけながら頂きます♪♪♪♪♪ 


posted by en at 02:34| マヨネーズ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。